企業情報

沿革

当社は戦後間もない1947年1月に初代社長 鈴木謙治が工作機械の製作を目的として、静岡県浜松市に創業された。1953年に法人化され、その後主要取引先であるヤマハ発動機(株)殿の設立当初からモーターサイクル部品の切削加工を主力事業として手掛け、50年に及ぶ努力の歴史の中で下記の様に取引先・事業の拡大を経て現在の完成部品メーカーへと成長を重ねて来ています。

年度 主要事項 資本金推移。
1947年 浜松市中島町にて初代社長 鈴木謙治、工作機械製作の為、個人創業。  
1953年 株式会社鈴木鉄工所設立、自動織機部品の切削加工を開始。 100万円
1955年 ヤマハ発動機(株)と取引開始、モーターサイクル部品の切削加工の生産開始。  
1960年 浜松市曳馬町へ工場移転。
(株)昌和製作所と取引開始、モーターサイクル部品の切削加工を開始。
500万円
1969年 三信工業(株)と取引開始、マリンエンジン部品の切削加工を開始。  
1972年 工機部門を設立し、自社製専用機の開発と製作を開始。  
1973年 浜松市有玉西町へ工場拡大移転。3号館(切削加工工場)建設。 1,000万円
1980年 新日本ホイール工業(株)と取引開始、トラクター部品の切削加工を開始。 2,000万円
1981年 TQC(小集団活動)スタート。 5号館(塗装工場)を建設。塗装部門を設立し切削加工と装飾塗装の一貫化を開始。 5,000万円
1985年 TQC(方針管理)スタート。  
1994年 試作部門を設立し、生産準備の効率化を図る。  
1995年 TPM(全員参加の生産保全)活動キックオフ。  
1996年 中期経営6ヵ年計画 VISION2001スタート。
保全部門を設立し、設備保全体制を強化。
 
1997年 第2代社長 鈴木康文が就任。  
1998年 TPM優秀賞第2類受賞。  
2000年 6号館(試作工場)建設。工機試作部門を集約し試作から生産準備・立上げを強化。
スズキ(株)と取引開始、マリンエンジン部品の切削加工を開始。
 
2001年 ISO9002/1994認証取得。1・2号館(鋳造工場・金型倉庫)建設。鋳造部門を設立し、鋳造・切削・塗装の3工程が連結されアルミ合金の一貫生産を開始。 27,088万円
2002年 中期経営3ヵ年計画 '04スタート。本館(事務・技術)建設。
本館(事務・技術)建設。製品設計部門を設立し、モーターサイクル・ATVエンジン構成品の製品設計を開始し、開発・生産準備・製造の完成メーカーとして新たなスタート
 
2003年 創立50周年。ISO14001/1996、9001/2000認証取得。商品開発部門を設立し、新事業として自社商品の開発と製作を開始。
TPM優秀賞第1類受賞。組立部門を設立し鋳造・切削・塗装・組立まで一貫生産のユニット完成体制を確立
 
2004年 5月1日新社名 A.I.S株式会社  に社名変更。
井関農機(株)と取引開始、農機製品の生産開始。
 
2005年 中期経営3ヵ年計画 '07スタート。4号館(新塗装工場)建設。
富士機工(株)と取引開始、自動車用ユニット製品の生産開始。
 
2006年 ISO14001/2004認証取得。 OHSAS18001/1999認証取得。
川崎重工業(株)と取引開始、汎用エンジン製品の生産開始。
 
2007年 浜北工場操業開始。1号館(鋳造・切削)建設。3号館(切削)建設。
メッツ(株)と取引開始、自動車用製品の生産開始。
 
2008年 中期経営3ヵ年計画 '10スタート。TPM特別賞受賞。
新塗装プラント(無公害クロムフリー)稼動開始。
新5号館(組立・物流センター)建設。
 
2009年 先進国向輸出不振により操業調整65日間の大幅な減産を実施。  
2010年 ベトナムにA.I.S.Vietnam Co.,Ltd.を設立。  
2011年 中期経営3ヵ年計画 [HOP'13] スタート。
A.I.S. Vietnam操業開始(1ライン)。本社にトレーニングセンター建設。
 
2012年 本社工場:生産再編パートI  A.I.S.Vietnam:5ライン増設。  
2013年 G-70Vision/2023年・創立70周年への成長戦略策定。  
2014年 中期経営3ヵ年計画 [HOP'16] スタート。